フリーペーパークローバー






Demo imageDemo image Demo imageDemo image




ゼミの山手”総合社会学科に加えて、新たに「観光文化学科」誕生!
神戸山手大学は、いくつかの専門分野を自分の興味に従い、組み合わせて学ぶことができるフィールド制が特長だ。早い段階で特定の専門に特化せず、複眼的視点を身に付け、複雑化する社会を生き抜き、貢献できる人材を育成しようという狙いだ。学生も教員も増加し、科目も多彩に。学内が活気づく中、神戸の中心で神戸山手の新しい歴史が始まる。

1926(大正15)年に開校した、「神戸山手高等女学校」は、1938(昭和13)年の阪神大水害や、第2次世界大戦など数多の苦難を乗り越え、1947(昭和22)年の学制改革とともに新制の「神戸山手女子中学校」へ、翌(1948)年には「神戸山手女子高等学校」へと移行するとともに、1950(昭和25)年には「神戸山手女子短期大学(現在の神戸山手大学)」がスタートし、発展を続け現在に至っています。
神戸山手大学の設置者である学校法人神戸山手学園は、1924(大正13)年、当時の神戸市立山手尋常高等小学校校長杉野精造の発起の下、同校父兄会有志の賛同と協力により設立された「山手学習院」に起源を発します。国公立でもなく、宗教法人でもなく、また、一私人によるものでもない、正に「コミュニティ立」ともいうべき設立経緯こそが、本学園の特色とするところであります。




神戸山手大学の資料や願書を請求しよう!








 
プレジデントジャパン  フリーペーパークローバー